C#

媒介変数を使ってグラフに沿って動く物体を描画する【連載:C#でシューティングゲーム作成】

グラフに合わせて自動的に移動する図形を作る

前回の記事で、ループを使ってグラフを描画しました。しかし円形グラフの円周上の点のx座標を加算したため、物体が移動するスピードが一定にならないという問題がありました。
これを一定のスピードにする場合、変化させる変数にxやyをそのまま使うのではなく、「媒介変数」を利用します。本記事では媒介変数を使って円運動する物体を描いていきます。

続きを読む

Windowsformで物体をグラフに合わせて動かす【連載:C#でシューティングゲーム作成】

Windows formを使ってグラフに沿って動く物体を描画する

Windows formを使って弾幕シューティングゲームを作ろう(シリーズ)。今回は「円の公式」を使って円形のグラフを描きます。敵キャラや弾幕に円運動が加わることで、直線的な動きよりも格段に面白さがアップしそうですね。
円の公式では平方根(ルート)が出てくるので、C#のMathクラスを利用します。自動的に動く物体を作るため、Windows
Formのフレーム関数を利用します。

続きを読む

Windows Formを使ってグラフを描画する【連載:C#でシューティングゲーム作成】

Formにグラフを描画しよう

C#とWindows Formを使ったシューティングゲーム作成記録です。まずは図形やグラフを表示させてみます。図形はキャラクターや敵キャラ、弾幕の弾の代わりです。のちのち画像などに差し替えてゲームらしくしていきますが、とりあえずはシンプルに図形を使うと簡単にコーディングできるかなと思います。またグラフは弾や敵キャラなど、自動的に動く物体の軌跡となります。直線的に進みながらプレイヤーに向かって弾を放ってくる敵キャラとか、画面内をジグザグに動いてくる敵キャラなどの動きをグラフによって作ります。

続きを読む

Unityを始める前に・・・C#,WindowsFormでシューティングゲームを作る【連載】

C#を使って弾幕シューティングゲームを作ってみる

C#とWindows Formを使ったゲームプログラミングを勉強していこうと思っています。なぜC#?なぜWindows Form?という話なのですが、本当のところゲームエンジンであるUnityを使ってゲームを作りたいと思っているんです。で、早速Udemyでちょうど作りながらUnityを学ぼう系の教材を買って一巡しました。さすが人気ゲームエンジンUnityだけあって、2Dアクション、シューティングなどのジャンルに合った便利な機能が満載といった感じです。ただ、ゲーム制作もまともにやったことがないうえ、Unityも初めて、さらには使用言語のC#も書いたことがない、という状態なのでちょっと苦しくなりそうだな~と思ったわけです。いざ上記の環境でゲーム開発をするときに、「わからない、やったことない」状態のものを一つでも減らしておきたいな~と思ったわけです。というわけでせっかくなのでC#の言語に慣れて、さらにはゲームプログラミングの基本的な構造などを勉強しながらゲームを作っていこうと思います。

続きを読む